梅干しの作り方

梅干し作りのプロが教えてくれる家庭でもおいしい梅干を簡単に作る方法を教えちゃいます。一度作れば、大活躍!

梅干し大辞典のオススメ梅干

特選梅干認定店の紀州南高梅を使った本格梅干。
A級の品質を有する梅干を100%使用しています。

しそ梅

しその香りと紀州南高梅の旨味が絶妙に
調和したうす塩味仕立ての梅干です。

詳しくはこちら

しそ梅

用意するもの

梅 (熟したもの) 2kg  粗塩 360g ~ 400g (梅の18~20%)
おもし 2kg程度 漬物樽 4~5L用
押し蓋 干しざら

梅干しの作り方

梅を水洗いし、水気を切る。
※水気はふき取ると梅酢の出が悪くなることがあります

容器に梅と塩 (全量の2/3) を交互に入れ、
残りの塩を一番上に入れる。あとは蓋をして、
おもしを乗せ1ヶ月程度漬け込む。※梅酢が上がってきた後に、
梅の重量の5%程度の酢を入れ、ラップなどで梅酢表面が空気に
触れないようにすれば、カビが発生しにくくなります。

天気の良い日に3~4日、天日干しにする。
※夜に干すと夜露がかかるので、かからない場所に保管します。

つぼやビンで保存する。※カビが生えたら取り除き、
食酢を1カップ加えます。

ワンポイントアドバイス

減塩のために塩の量を少なくすると、漬込み時のカビの原因に
なります。
漬込みの時には塩を減らさず、出来上がってから塩抜きを
するようにしましょう。

塩抜きの仕方

梅干し500gを3Lの水に入れ、小さじ1杯の塩を入れてかき混ぜる。
12時間後に塩水を捨て、同じ行程を再度行い
12時間置いたら塩抜きの完成。約10%の塩分になります。